盗聴波探査機材と盗聴器

あなたのプライバシーを守るために。

事務所全景
昨今、沖縄県でも盗聴器・盗撮器の小型化と高性能化に伴い、その形状や取り付け場所も多様化しています。
盗聴器・盗撮器を簡単に入手する方法もあり、その情報を取得する手段も身近にあります。
その対抗策として、盗聴・盗撮電波を感知する簡易盗聴器発見器も安価で市販されています。
しかし、この簡易発見器は電波帯レンジが狭い上、盗聴器以外の電波にも反応してしまうことから実際に利用された方が疑心暗鬼になってしまうこともあります。
当社で担当した調査の代表例として、某リゾートホテルにおいて宿泊客が持参していた簡易感知器が反応したため大騒ぎになったことがありました。
部屋の至るところで探知機が電波を感知したのです。
当社で確認した結果、ホテル内で職員が連絡用に使用しているPHS中継電波に探知機が反応したことが判明しました。
このように一般の方が電波を探知することが出来たとしても、それが盗聴電波なのか、そうでないのかを特定するためには、電波に対する知識と経験が必要になります。
盗聴器は、その性能・機能も『音声感知式』『スクランブル電波式』『ON/OFF機能付き』など様々です。
使い捨ての感覚で使えるラジオで聴ける『FM/AM電波帯仕様』も市販されております。
更に盗聴とはニュアンスが違いますが、所謂「スパイアプリ」と言われる携帯電話(スマホ等)にインストールして遠隔操作でターゲットの端末から情報をリアルタイムに入手する手段もあります。
簡易盗聴発見器は手軽に買え扱えますが、それが全ての盗聴器に対応しているとは言えません。
仮に電波探知機が反応しなかったからと言って安心できるものでもありません。
盗撮用カメラの場合も盗聴器同様、様々な形にカモフラージュされ簡単に設置できるものも市販されています。
盗撮器の場合はカメラアングルが盗撮器を取り付けた人物が盗撮を必要とする場所に設置することが一般的ですが、盗撮器の場合、盗聴器とは異なり「レンズを露出」しなればならいなという必須条件があります。
それが故、盗撮器は様々な姿形でカモフラージュされています。
壁穴や天井だけが盗撮器を設置する場所とは限りません。
当社では盗聴・盗撮の電波探査だけでなく、調査箇所から発せられている盗聴器以外の電波周波数を探知し、その原因をお客様へお伝えします。
また、盗聴器・盗撮器は電波を発するものだけではなく記録タイプもございます。
当社では探査調査後に、お客様へ実物の盗聴器・盗撮器やカモフラージュカメラなどをご覧頂き、その特徴や性能・機能について、ご説明いたします。
あなたのプライバシーを守り、目に見えない盗聴器・盗撮器に対する疑心暗鬼を解消・解明するため盗聴器・盗撮器の探査・発見調査は当社へお任せ下さい。

調査の流れ

ご依頼方法

電話をかける前に

電話をかける前に

当社は創業当時から調査現場で情報を得るため法律の範囲内で、調査対象者に知られないよう様々な撮影や録音をしてまいりました。
悪い言い方をしますと「盗聴・盗撮」と言われている様ですが、探偵の任務は「盗る」ではなく「録る」です。
探偵は「仕掛ける側」の心理状態や方法・手段に精通したプロとなっています。
盗聴器・盗撮器探査発見の、ご依頼は、お客様から電話を受けた瞬間から始まります。先ず、ご自宅や事務所内に盗聴器が仕掛けられていないかをご心配されているのですから、ご依頼の際は「ご自宅や事務所内から、お電話をされないようにお願いします」

調査開始

探査調査は、お客様のご都合の日時に合わせて調査を行います。
担当調査員が調査対象現場に到着した後、メール等でお客様に室内での対応等についてお伝え申し上げます。
その後、対象建物の外周電波探査(15分程度)から開始いたします。
盗聴電波の代表的「盗聴3波」の有無は、この時点で探知されます。外周探査が終了後、調査対象の室内の間取りや、ご使用されている家電製品、その他、装飾物等を確認後、探査調査に入ります。

様々な形にカモフラージュされた
盗聴・盗撮器機
様々な形の盗聴盗撮器
記録及び無線コンセントタイプ盗撮器
コンセント型無線ビデオカメラ

一般的な盗聴器と受信機
一般的な盗聴器

 

盗聴器・盗撮器発見!証拠保全処理

証拠保全用ビデオカメラ

    証拠保全用ビデオカメラ

当社の探査により調査個所室内から盗聴器・盗撮器が発見された場合、取り外しは基本的に無料となっておりますが、室外等の場合は当社の責任範囲外(電話回線上等)となっており取り外せない場合がありますので、予めご了承願います。
また、お客様のご意向により警察への被害届け、または管理会社・家主等へ通報をされる際は担当調査員が現場の証拠保全を行い状況の説明等、立ち合いにも協力いたします。

当社の探査により調査個所室内から盗聴器・盗撮器が発見された場合、取り外しは基本的に無料となっておりますが、室外等の場合は当社の責任範囲外(電話回線上等)となっており取り外せない場合がありますので、予めご了承願います。
また、お客様のご意向により警察への被害届け、または管理会社・家主等へ通報をされる際は担当調査員が現場の証拠保全を行い状況の説明等、立ち合いにも協力いたします。

調査時間と終了後

調査に要する時間は調査対象建物の規模にもよりますが、1時間から2時間程度とお考え下さい。
調査終了後、お客様の室内にどのような電波が存在していたかについて詳しく説明申し上げます。
お客様が何気なく使用されている電波機器の危険性についてもお伝えいたします。
また、「盗撮器」「盗撮器」等を実際に見て頂き、記録型タイプの盗聴器・盗撮器についてもご説明申し上げ、「盗聴器・盗撮器探査調査完了報告書」を発行し、調査を終了いたします。
お電話をお待ちしております。

調査料金

1LDK
(一人暮らし用アパート)

 20.000円

2~3LDK
(共同住宅)
 25.000円~規模により変動します。
一戸建 30.000円~広さ・部屋数・階数によって料金が変動します。
 店舗・事務所 30.000円~広さ・構造・階数によって料金が変動します。
 その他上記に該当がない場合はご相談ください。

お問い合わせはこちらから

トップシークレット

秘密は守られます。

お問い合わせは匿名でも結構です。
個人情報に差し支えない程度、できるだけ詳細にご質問内容を記載願います。
返信は24時間以内に行いますので、しばらくお待ち願います。

お気軽にお問い合わせください。098-942-8711受付時間 9:00-22:00 [ 年中無休 ]

お問い合わせはこちらから