状況証拠の残し方


証拠の残し方はいろいろ

浮気の状況証拠とは、浮気や不貞の事実を間接的に推測させる証拠をいいます。

•携帯メール、LINE、SNS投稿、パソコンの電子メール

•電話の発着信履歴

•手帳、メモ、日記、ブログ等

•クレジットカードの利用明細、公共交通機関の利用明細

•レシート、領収書、ポイントカードなど・・・。

状況証拠だけでは不十分ですが、探偵が調査で得た浮気・不貞行為を立証する写真や動画等の物的証拠等以外に両名の関係性、継続性を裏付けする重要となる証拠になる可能性は大です。

実際の裁判における証拠としてはデジタルテキストデータより、不倫相手から送られてきたメールや写真が表示されている、ご本人の携帯電話をご自身で直接撮影した写真のほうが、証拠能力が高いとされています。

その証拠は裁判や調停の際に付帯資料とするために携帯カメラ・デジタルカメラ等で記録し保管しておきましょう。
面倒でも日記のように日時と出来事をメモ書きしておくと記憶を辿りやすくなります。 相手が証拠隠滅を図ることもありますので必ずバックアップを取ることをお忘れなく。