あなたにもできる調査と手続き

 あなたにもできます。

今まで平穏な生活を送られていたお客様から調査を依頼され、その調査期間中に、様々なご質問がありました。
その質問の中から知らない方のために、ご自身でもできる調査の基本について記述しております。
また、内容証明・公正証書手続きについても簡単に記述しておきます。


土地建物、法人登記簿入手

那覇地方法務局
那覇地方法務局

地方法務局(一般でいうと「登記所」)
こちらでは申請用紙に氏名と住所を記入すれば、調べたい法人の登記簿や他人の土地建物登記簿謄本が簡単に入手できます。
土地建物登記簿には所有者の氏名や住所並びに抵当権設定等の「個人情報」も詳しく記載されています。

また、共同担保情報から資産状況も判明する場合があります。
窓口の職員は大変親切ですので、申請方法のことや分からないことがあったら遠慮なく聞いて下さい。

なお、取得したい登記内容によってはオンラインで取れない場合もありますので、その時は下記の支局・出張所まで足を運んでください。
各支局の管轄市町村区分はこちらです

① 本局 那覇市樋川1-15-15
  電話:098(854)7950

② 沖縄支局 沖縄市知花6-7-5
  電話:総務課 098(937)3278

③ 名護支局 名護市字宮里452-3
  電話:総務課 0980(52)2729

④ 宜野湾出張所 沖縄支局宜野湾市伊佐4-1-20
  電話:098(898)5454(代表)

⑤ 宮古島支局 宮古島市平良字下里1016
  電話:0980(72)2639

⑥ 石垣支局 石垣市字登野城55-4
  電話:0980(82)2004


内容証明

内容証明
慰謝料請求等に内容証明

内容証明とは法律的な措置ではありません。
内容証明とは「郵便局」と差出人が「手紙の内容」を読み合わせ確認し「その手紙」を、宛先人の所在を確認したうえで「間違いなく渡しました」という「郵便局の証明」です。

お客様の中にも誤解されている方がおられましたが、内容証明は個人で出すこともできます。

伝えたい内容や感情に因って、相手に「衝撃」と「本気度を与えるために弁護士や司法書士の名前で「内容証明」を出すだけの違いです。
内容証明は最寄りの郵便局で手続きすることができます。

但し、文字数や行数に制限があるため、内容が複雑だと短く纏めるのが大変です。
なお、「内容証明」の詳しい書式は「こちらです」


公正証書

離婚公正証書
離婚公正証書
公正証書とは裁判所命令と違い、個人同士が話し合いや調停等で決まったことを「法的」に「約束した証明書」です。
お互い納得した内容を『公証人」なる人物が立ち合い、「公正証書」を作成します。

公正証書は「法律的な約束事」ですので相手が「約束事を不履行」した場合、差し押さえ等の「法的な処置」を取ることができます。
公証人の立ち合いの元、作成されますので、作成時には必ず両者が揃わなければいけません。

その辺が煩わしいのですが、離婚の慰謝料や生活費、養育費等の支払いを口約束で交わすより有効で現実的です。
下記が沖縄の通称「公証人役場」と呼ばれているところです。

① 那覇公証センター
  那覇市字安里176番地4 マリッサヒルズ3階
  電話:098(862)3161

② 沖縄公証人役場
  沖縄県沖縄市美里1丁目2-3-1F
  電話:098(938)9380