盗聴波探査用八木アンテナ補修

盗聴探査用八木アンテナ先日、ホームページ用の盗聴器探査記録を開始することになったため、盗聴電波探査用の機械を点検したところ指向性八木アンテナの感度が低下していることに気がついたためアンテナの接続部分をテスターにて全てチェックしたところ、中央アンテナの2本の配線が外れていたことを発見しました。
これでは使い物にならないため本日急遽、修理することになりました。
昨日は夜間遅くまで現場入りしていたため少し寝不足気味。
半田付けの簡単な修理でしたが、どうにも指が震えて四苦八苦してしまいました。
なんとかだじに修理が終了、感度チェックするためにレシーバに取り付けてみましたが、まだ感度が戻りません。
再度、チェックしたところ今度はレシーバーとアンテナを接続するコネクターアダブターが接続不良でした。
油断すると、これです。
こちらは接点復活剤で復活したためホッとしました。
アダブターの交換も考えないといけないようです。
取り外しの激しい安い部品は新品に限ります。
県内の盗聴波探査は来週から開始する予定となっています。
詳しい報告は盗聴器発見ページにてお知らせいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です